外壁塗装のタイミングを見極める!築年数別ガイドとメンテナンスのポイント

2023/12/06 ブログ

外壁塗装は、私たちの住まいを守る重要な役割を果たします。家は時間と共に老朽化し、特に外壁は日々の気候変動や環境の影響を直接受けるため、定期的なメンテナンスが不可欠です。しかし、多くの家庭では「いつ外壁塗装をすべきか」という疑問が常にあります。築年数が経過すると、外壁の色褪せやひび割れ、チョーキング現象などが起こりやすくなります。これらは単なる見た目の問題ではなく、家全体の機能性にも影響を及ぼす可能性があります。例えば、ひび割れから雨水が侵入し、内部の構造にダメージを与えることもあり得ます。また、外壁の劣化は家の断熱性を低下させ、冷暖房の効率を悪化させることもあります。

外壁塗装のタイミングは、単に築年数だけで決めるのではなく、建物の現状や環境、使用されている材料によっても異なります。一般的には、築10年ごとの塗り替えが推奨されることが多いですが、これはあくまで一つの目安です。実際には、建物の位置、周囲の環境、建材の種類、以前の塗装の質など、多くの要因が影響します。したがって、外壁の状態を定期的にチェックし、専門家の意見を聞きながら、最適なタイミングを見極めることが重要です。

この記事では、外壁塗装の必要性、築年数に応じたメンテナンスのタイミング、外壁の劣化サインの見極め方、さらには塗装の種類や選び方、そして業者選びのポイントについて、専門的な視点から詳しく解説していきます。

外壁塗装なら栄州ホーム

栄州ホームは、外壁塗装・屋根のリフォーム・防水工事で、高品質な塗料を使用し、経験豊富なスタッフが丁寧に施工を行います。地域に根ざしたサービスを提供し、お住まいのメンテナンスやリフォームに関するあらゆる相談に応じています。無料の見積もりや相談を受け付けており、お客様のニーズに合わせた最適な施工方法を提案します。神奈川県全域を対象に、外壁や屋根の塗装、雨漏り対策など、幅広いサービスを提供しています。

栄州ホーム

店舗名:栄州ホーム
住所:神奈川県平塚市横内3712−16
電話:0120-610-676お問い合わせはこちら

はじめに

外壁塗装の重要性と築年数によるメンテナンスの必要性の概要

外壁塗装は、私たちの住まいを守るために欠かせない重要な役割を担っています。家は、私たちの生活の基盤であり、安全で快適な生活空間を提供するためには、適切なメンテナンスが必要です。外壁は、日々の天候や環境の変化に直接さらされ、時間とともに劣化していきます。この劣化を放置すると、見た目の問題だけでなく、建物自体の耐久性や機能性にも影響を及ぼすことになります。

外壁塗装の重要性は、単に外観を美しく保つことにとどまりません。外壁の塗装は、建物を雨水や紫外線、さまざまな外的要因から守るバリアの役割を果たします。塗装が劣化すると、これらの防御機能が低下し、建物内部への水の浸入や、構造材の腐食、断熱性の低下など、さまざまな問題が発生する可能性があります。特に、水の浸入は、建物の寿命を大幅に縮める原因となり得ます。

築年数が経過するにつれて、外壁の塗装は自然と劣化していきます。一般的には、築10年を目安に外壁塗装を考えることが多いですが、これはあくまで一つの目安に過ぎません。実際には、建物の立地条件、使用されている材料、以前の塗装の質、気候条件など、多くの要因が外壁の状態に影響を与えます。したがって、築年数だけでなく、外壁の現状を定期的にチェックし、必要に応じて専門家に相談することが重要です。

外壁塗装を行う際には、適切なタイミングの選定が重要です。早すぎる塗り替えは無駄なコストを発生させ、遅すぎると建物へのダメージが大きくなります。外壁の状態を観察し、ひび割れや色褪せ、チョーキング(塗膜の粉化)などのサインを見逃さないことが大切です。これらのサインは、外壁塗装の必要性を示唆しています。

また、外壁塗装は単に色を塗り替える作業ではありません。下地処理や適切な塗料の選定、塗装方法など、専門的な知識と技術が求められます。塗料の種類には、耐久性や機能性に違いがあり、建物の状態や環境に合わせて最適なものを選ぶ必要があります。また、施工の品質も外壁塗装の効果に大きく影響するため、信頼できる業者の選定も重要です。

この記事では、外壁塗装の必要性と築年数に応じたメンテナンスの重要性について、専門的な視点から詳しく解説していきます。適切な外壁塗装を行うことで、住まいを長持ちさせ、快適な生活空間を維持するための知識を提供します。

 

外壁塗装の必要性

外壁の劣化とその影響

外壁の劣化は、住宅の美観だけでなく、構造的な安全性にも大きな影響を及ぼします。外壁は、住宅を様々な外的要因から守る重要な役割を果たしていますが、時間の経過と共にさまざまな形で劣化が進行します。この劣化は、単に外観上の問題に留まらず、住宅の機能性や耐久性にも深刻な影響を与える可能性があります。

外壁の劣化の一般的な兆候としては、色褪せや塗膜の剥がれ、ひび割れ、チョーキング(塗膜の粉化)、カビやコケの発生などが挙げられます。これらの劣化のサインは、外壁の保護機能が低下していることを示しています。例えば、塗膜が剥がれたり、ひび割れが生じたりすると、雨水が壁内部に浸透しやすくなり、木材の腐食や金属部分の錆び、断熱材の損傷などを引き起こす可能性があります。これらの問題は、長期的に見ると建物の寿命を縮める原因となり得ます。

また、外壁の劣化は、住宅の断熱性や気密性にも影響を及ぼします。外壁の隙間やひび割れから冷暖房の効果が逃げることで、エネルギー効率が低下し、結果として光熱費の増加につながることもあります。さらに、外壁の劣化は住宅内の快適性にも影響を与え、カビやダニの発生の原因となることもあります。これらは、住宅内の空気品質に悪影響を及ぼし、住居者の健康にも影響を与える可能性があります。

外壁の劣化は、住宅の価値にも影響を及ぼします。見た目が悪化することで、住宅の市場価値が下がることもあります。特に、売却を考えている場合や、資産価値を維持したい場合には、外壁の状態は重要な要素となります。

外壁の劣化に対処するためには、定期的なメンテナンスが不可欠です。劣化の初期段階で対処することで、より大きな損傷や修繕費用の増加を防ぐことができます。外壁の状態を定期的にチェックし、必要に応じて専門家に相談することが重要です。

 

築年数と外壁の状態

築年数が経過するにつれて、住宅の外壁はさまざまな形で劣化していきます。この劣化は、建物の美観だけでなく、構造的な安全性や機能性にも影響を及ぼすため、定期的なメンテナンスが重要です。築年数と外壁の状態の関係を理解することは、住宅の長期的な健康を維持する上で不可欠です。

新築から数年は、外壁は比較的新しく、大きな劣化は見られません。しかし、建物が築5年から10年を過ぎると、外壁の塗膜の劣化が徐々に始まります。この時期に多く見られるのは、色褪せや軽度のチョーキング(塗膜の粉化)です。これらは、紫外線や雨風などの自然環境による影響が主な原因です。この段階で適切なメンテナンスを行うことで、外壁の寿命を延ばし、より深刻な損傷を防ぐことができます。

築10年を超えると、外壁の劣化はより顕著になります。塗膜の剥がれやひび割れが発生しやすくなり、これらは雨水の浸入や内部構造への影響を引き起こす可能性があります。特に、ひび割れは水の浸透による内部の木材の腐食や金属部分の錆びを引き起こすことがあり、これらは建物の構造的な強度に影響を及ぼします。また、外壁の劣化は断熱性の低下を引き起こし、エネルギー効率の悪化につながることもあります。

築20年以上経過すると、外壁の劣化はさらに進行し、大規模な修繕が必要になることがあります。この時期には、塗膜の完全な剥離や大きなひび割れ、さらには外壁材自体の損傷が見られることもあります。これらの問題は、単なる外観上の問題ではなく、住宅の安全性に直接関わるため、早急な対応が必要です。

外壁の劣化は、建物の立地条件、使用されている材料、気候条件などによっても異なります。例えば、海岸近くや高温多湿の地域では、外壁の劣化が早まることがあります。また、使用されている塗料や外壁材の種類によっても、耐久性に違いがあります。

外壁の劣化を防ぐためには、定期的な点検と適切なメンテナンスが不可欠です。築年数に応じた外壁のチェックを行い、必要に応じて専門家に相談することが重要です。また、外壁塗装を行う際には、耐候性や耐久性に優れた塗料を選ぶことが望ましいです。

 

定期的なメンテナンスの重要性

住宅の定期的なメンテナンスは、その健康と長寿命を保つ上で非常に重要です。特に外壁のメンテナンスは、住宅の美観を維持するだけでなく、構造的な安全性と機能性を確保するために不可欠です。定期的なメンテナンスの重要性について、その理由と効果を詳しく見ていきましょう。

まず、定期的なメンテナンスは、住宅の外観を美しく保つために重要です。外壁の塗装は、時間の経過とともに色褪せや塗膜の剥がれが生じ、住宅の見た目に大きな影響を与えます。これは、住宅の市場価値にも影響を及ぼすため、美観の維持は資産価値を保つ上でも重要です。

次に、外壁の劣化は、住宅の構造的な安全性にも影響を及ぼします。外壁のひび割れや塗膜の剥がれは、雨水の浸入を許し、木材の腐食や金属部分の錆びを引き起こす可能性があります。これらの問題は、住宅の構造的な強度を低下させ、最悪の場合、建物の倒壊を引き起こす危険性もあります。定期的なメンテナンスにより、これらのリスクを早期に発見し、対処することが可能です。

また、外壁の状態は、住宅の断熱性や気密性にも大きく関わります。外壁の隙間やひび割れから冷暖房の効果が逃げることで、エネルギー効率が低下し、光熱費の増加につながります。定期的なメンテナンスにより、これらの問題を防ぎ、快適な室内環境を維持することができます。

さらに、外壁の劣化は、カビやダニの発生の原因となることもあります。これらは、住宅内の空気品質に悪影響を及ぼし、住居者の健康に影響を与える可能性があります。定期的なメンテナンスにより、これらの健康リスクを低減することができます。

定期的なメンテナンスは、長期的な視点で見ると、修繕費用の節約にもつながります。小さな問題を早期に発見し対処することで、より大きな損傷や修繕費用の増加を防ぐことができます。特に、外壁の塗り替えは、定期的に行うことで、外壁材自体の交換が必要になるような大規模な修繕を避けることができます。

定期的なメンテナンスは、住宅の機能性を維持するためにも重要です。外壁の状態は、住宅の断熱性や気密性、さらには防音性にも影響を及ぼします。これらの機能を維持することで、住宅の快適性と機能性を長期にわたって保つことができます。

 

築年数別:外壁塗装のタイミング

新築から10年未満:初期のメンテナンス

新築から10年未満の住宅における初期のメンテナンスは、住宅の長期的な健康と機能性を維持するために非常に重要です。この時期のメンテナンスは、主に住宅の外壁やその他の構造部分の小さな問題を早期に発見し、修正することに焦点を当てます。ここでは、新築から10年未満の住宅における初期メンテナンスの重要性とその内容について詳しく見ていきましょう。

新築の住宅では、建築後の最初の数年間は、建材の自然な「落ち着き」や「調整」が発生します。これには、木材の収縮や膨張、建物の微妙な沈下などが含まれます。これらの変化は、外壁に小さなひび割れや隙間を生じさせることがあり、これらは水の浸入や断熱性の低下を引き起こす可能性があります。初期のメンテナンスでは、これらの小さな問題を早期に発見し、適切に対処することが重要です。

外壁に関しては、新築から5年程度経過すると、塗膜の劣化が始まることがあります。これは、紫外線や雨風などの自然環境の影響によるものです。色褪せや軽度のチョーキング(塗膜の粉化)が見られる場合、外壁の塗り替えを検討することが望ましいです。この時期の塗り替えは、外壁の寿命を延ばし、より深刻な損傷を防ぐために重要です。

また、新築から数年経過すると、窓やドアのシーリング材の劣化も見られることがあります。これらの部分の劣化は、空気の漏れや水の浸入を引き起こし、住宅の断熱性や気密性に影響を与えます。初期のメンテナンスでは、これらのシーリング材の状態をチェックし、必要に応じて補修や交換を行うことが重要です。

屋根の点検も、新築から10年未満の住宅において重要です。屋根材の劣化や損傷は、雨漏りや断熱性の低下を引き起こす可能性があります。特に、台風や大雨などの激しい天候の後には、屋根の点検を行うことが推奨されます。

さらに、排水システムや雨樋の点検も忘れてはなりません。これらの部分の詰まりや損傷は、雨水の適切な排水を妨げ、住宅の基礎部分に水害を引き起こす可能性があります。定期的な清掃と点検により、これらの問題を防ぐことができます。

 

10年~20年:中期のメンテナンスポイント

住宅のメンテナンスは、その寿命を延ばし、快適性を維持するために重要です。特に、建築から10年から20年の間に行う中期のメンテナンスは、住宅の健康を保つために不可欠です。この期間に重点を置くべきメンテナンスポイントを詳しく見ていきましょう。

まず、外壁のメンテナンスが重要です。新築から10年を過ぎると、外壁の塗膜の劣化が顕著になります。色褪せ、チョーキング(塗膜の粉化)、ひび割れなどが発生しやすくなります。これらの問題は、外壁の保護機能を低下させ、建物内部への水の浸入や断熱性の低下を引き起こす可能性があります。この時期には、外壁の塗り替えや補修が必要になることが多いです。塗り替えは、外壁の寿命を延ばし、住宅の美観を保つためにも重要です。

次に、屋根のメンテナンスも重要です。屋根材は、日光や雨風による劣化が進行しやすい部分です。瓦のずれ、屋根材の割れや欠け、防水層の劣化などが見られる場合、修繕や部分的な交換が必要になることがあります。屋根の問題は、雨漏りや断熱性の低下に直結するため、早期の対処が重要です。

窓やドアのシーリング材の点検と交換も中期メンテナンスの重要なポイントです。シーリング材は、時間の経過とともに硬化や割れが生じやすく、これが気密性や断熱性の低下を引き起こします。定期的な点検と必要に応じた交換は、エネルギー効率の維持と快適な室内環境を保つために重要です。

排水システムや雨樋のメンテナンスも忘れてはなりません。これらの部分の詰まりや損傷は、雨水の適切な排水を妨げ、住宅の基礎部分に水害を引き起こす可能性があります。定期的な清掃と点検により、これらの問題を防ぐことができます。

さらに、内部の設備や設備のメンテナンスも重要です。特に、暖房・冷房システム、給湯器、電気配線などの設備は、定期的な点検と必要に応じたメンテナンスが必要です。これらの設備の劣化や故障は、住宅の快適性や安全性に直接影響を及ぼします。

庭や外構のメンテナンスも忘れてはなりません。植栽の管理や外構の修繕は、住宅の美観を保つだけでなく、住宅の安全性にも影響を与えます。例えば、木の枝が電線に接触することで発生する安全上のリスクを避けるためには、定期的な剪定が必要です。

 

20年以上:長期的なメンテナンスとリフォームの検討

住宅が20年以上経過すると、長期的なメンテナンスとリフォームの検討が重要になります。この時期には、単なる表面的な修繕を超えて、住宅の構造的な健康や機能性の向上を目指す必要があります。ここでは、20年以上経過した住宅の長期的なメンテナンスとリフォームについて詳しく見ていきましょう。

まず、外壁と屋根の大規模な修繕やリフォームが必要になることが多いです。長年の紫外線、雨風、温度変化にさらされることで、外壁や屋根材は大きく劣化します。この時期には、塗り替えや部分的な修繕を超えて、外壁材や屋根材の全面的な交換を検討することが望ましいです。これにより、住宅の断熱性や防水性を大幅に向上させることができます。

次に、窓やドアの交換も重要なポイントです。古い窓やドアは、断熱性や気密性が低く、エネルギー効率の低下を引き起こします。新しい高性能な窓やドアに交換することで、冷暖房の効率を向上させ、快適な室内環境を実現できます。

また、設備の更新も重要です。特に、暖房・冷房システム、給湯器、電気配線などの設備は、長年の使用により劣化や故障が生じやすいです。これらの設備を最新のものに更新することで、住宅の機能性を向上させるとともに、エネルギー効率の良い住環境を実現できます。

さらに、内装のリフォームも検討すべきです。長年の使用により、床材や壁紙、キッチンやバスルームなどの内装は劣化や時代遅れになりがちです。内装のリフォームにより、住宅の快適性や機能性を向上させることができます。

また、住宅の構造的な問題にも注意が必要です。特に、基礎や構造体の劣化は、住宅の安全性に直接関わる問題です。長期的なメンテナンスでは、これらの構造的な問題を専門家による詳細な診断を受け、必要に応じて補強や修繕を行うことが重要です。

 

外壁塗装のサインを見逃さない

ひび割れ、チョーキング、カビなどの兆候

外壁のひび割れ、チョーキング、カビなどは、住宅の外壁が経年劣化している兆候です。これらの現象は、外壁のメンテナンスが必要であることを示しています。ここでは、これらの兆候について詳しく解説し、それらが住宅にどのような影響を与えるかを理解しましょう。

ひび割れは、外壁の塗膜や構造体に亀裂が生じる現象です。これは、建物の自然な沈下や温度変化による収縮・膨張、または建材の老朽化によって発生します。ひび割れが小さい場合は表面的な問題に過ぎないこともありますが、大きなひび割れは構造的な問題を示唆している可能性があります。特に、外壁のひび割れは水の浸入を許し、内部の木材の腐食や金属の錆を引き起こす原因となります。

チョーキングは、外壁の塗膜が紫外線や雨風によって劣化し、粉状になる現象です。手で外壁を触ると白い粉が手に付くのが特徴です。チョーキングが進行すると、塗膜の防水性や美観が損なわれ、外壁の保護機能が低下します。これにより、外壁のさらなる劣化が加速される可能性があります。

カビは、湿度が高い環境で発生しやすい生物的な汚染です。外壁にカビが生じると、それは通常、水分が外壁内部に留まっていることを意味します。カビの発生は、外壁の通気性の低下や断熱材の湿潤など、さまざまな問題を示唆しています。また、カビは健康にも悪影響を及ぼす可能性があり、特にアレルギーや呼吸器系の問題を持つ人にとっては重要な問題です。

 

屋根と外壁の同時メンテナンスの効果

屋根と外壁のメンテナンスは、住宅の保護と価値維持において重要な役割を果たします。これらの部分は、家全体の外観を形成し、天候や環境からの保護を提供するため、その状態は家の全体的な健全性に直接影響を与えます。屋根と外壁の同時メンテナンスは、いくつかの重要な利点を提供します。

まず、屋根と外壁の同時メンテナンスは、効率性とコスト削減の面で有利です。一度に両方のメンテナンスを行うことで、作業の重複を避け、全体的な工事期間を短縮することができます。また、一つの業者が両方の作業を行う場合、コスト面での割引が適用されることもあります。これにより、個別にメンテナンスを行うよりも全体的なコストを抑えることが可能になります。

次に、屋根と外壁の同時メンテナンスは、住宅の外観の一貫性を保つ上で重要です。屋根と外壁の色や素材が調和していると、住宅全体の美観が向上します。同時にメンテナンスを行うことで、色の一致やデザインの統一性を確保しやすくなります。

また、屋根と外壁のメンテナンスを同時に行うことは、住宅の保護機能を強化します。屋根は雨、雪、紫外線などから家を守る最初の防御線です。一方、外壁は温度変化、湿度、風などから保護します。これらの部分がしっかりとメンテナンスされていると、住宅全体の耐久性が向上し、長期的な損傷や修理コストの削減につながります。

さらに、屋根と外壁のメンテナンスは、エネルギー効率の向上にも寄与します。断熱材の劣化や隙間があると、冷暖房の効率が低下し、エネルギーコストが増加します。同時メンテナンスにより、これらの問題を一度に解決し、エネルギー効率を高めることができます。

 

外壁塗装の費用と相場

費用の目安と相場の理解

外壁塗装の費用について理解する際、多くの要素が影響します。この文章では、外壁塗装の費用の目安と相場について、段階的かつ理論的に解説します。

外壁塗装の費用は、塗装する面積、使用する塗料の種類、建物の状態、作業の難易度、さらには業者の選択によって大きく異なります。一般的に、塗装面積が広ければ広いほど、また、使用する塗料が高品質であればあるほど、費用は高くなります。また、建物の状態が悪い場合、事前の補修作業が必要になることもあり、これも費用を増加させる要因となります。

塗料の種類によっても費用は大きく変わります。例えば、アクリル塗料は比較的安価ですが、耐久性が低いため、頻繁な塗り替えが必要になる可能性があります。一方、シリコンやフッ素塗料は高価ですが、耐久性が高く、長期間にわたって建物を保護します。このように、初期費用と長期的なメンテナンス費用のバランスを考慮することが重要です。

作業の難易度も費用に影響します。例えば、高所作業や複雑な形状の建物は、作業が困難であるため、通常よりも高い費用がかかることがあります。また、建物の立地条件によっても、作業の難易度は変わります。

業者の選択も重要な要素です。信頼できる業者を選ぶことは、作業の質を保証する上で不可欠ですが、業者によって見積もりは大きく異なることがあります。そのため、複数の業者から見積もりを取り、比較検討することが推奨されます。

地域によっても外壁塗装の相場は異なります。一般的に、都市部では人件費が高いため、地方に比べて費用が高くなる傾向があります。また、地域によっては補助金や助成金が利用できる場合もありますので、地元の制度を調べることも有効です。

 

業者選びのコツ

専門性と実績の確認

外壁塗装を行う際には、業者の専門性と実績を確認することが非常に重要です。これは、建物の美観を保つだけでなく、長期的な耐久性を確保するために不可欠なステップです。ここでは、専門性と実績の確認方法について詳しく解説します。

専門性の確認には、業者が持つ技術力や知識、経験が重要なポイントとなります。まず、業者が外壁塗装に関する資格や認定を持っているかを確認します。これには、塗装技術者の資格や、特定の塗料メーカーからの認定などが含まれます。これらの資格や認定は、業者が一定の技術水準を満たしていることを示す指標となります。

次に、業者がどのような塗料を使用しているか、またその塗料の特性や適用範囲についてどれだけの知識を持っているかを確認します。外壁塗装には様々な種類の塗料があり、それぞれ異なる特性を持っています。業者がこれらの特性を理解し、建物の状態や環境に合わせて最適な塗料を選択できるかが、専門性の高さを示す重要な要素です。

また、業者がこれまでに手掛けたプロジェクトの実績を確認することも大切です。実際に施工した建物の写真や、施工前後の比較、顧客からの評価やレビューなどを参照することで、業者の技術力や仕上がりの質を判断することができます。特に、類似の建物や条件での施工例がある場合、その業者が自分のプロジェクトに適しているかをより具体的に判断することが可能です。

さらに、業者がどのようなアフターサービスや保証を提供しているかも重要なポイントです。長期的な保証や定期的なメンテナンスサービスを提供している業者は、施工後のトラブルにも対応してくれる可能性が高く、信頼性の高い業者であると言えます。

 

まとめ

外壁塗装は、住宅の美観を保つだけでなく、建物を長期間保護する上で非常に重要な役割を果たします。適切なタイミングでの塗装は、建物の耐久性を高め、将来的な大規模な修繕費用を抑えることにも繋がります。この点を踏まえて、外壁塗装のタイミングとその重要性、そして長期的な住まいのメンテナンスについて考えてみましょう。

外壁塗装の適切なタイミングは、建物の立地条件、使用されている材料、気候などによって異なりますが、一般的には7〜10年ごとが目安とされています。塗装のタイミングを見極めるためには、外壁の色褪せ、ひび割れ、チョーキング(塗膜の粉化)などの兆候に注意を払う必要があります。これらのサインは、外壁が環境からの保護を必要としていることを示しています。

また、外壁塗装は単なる美観の維持だけではなく、住まいの長期的なメンテナンス計画の一環として捉えることが重要です。塗装によって外壁は水分や紫外線から保護され、建物の寿命を延ばすことができます。これは、長期的に見れば、修繕費用の削減にも繋がります。さらに、断熱や遮熱効果のある塗料を選択することで、エネルギー効率の向上にも寄与することができます。

外壁塗装を成功させるためには、塗料の選定、施工業者の選び方、見積もりの取り方など、多くの要素を考慮する必要があります。特に、信頼できる業者を選ぶこと、適切な塗料を選定することは、長期的な視点での住まいのメンテナンスにおいて非常に重要です。

外壁塗装なら栄州ホーム

栄州ホームは、外壁塗装・屋根のリフォーム・防水工事で、高品質な塗料を使用し、経験豊富なスタッフが丁寧に施工を行います。地域に根ざしたサービスを提供し、お住まいのメンテナンスやリフォームに関するあらゆる相談に応じています。無料の見積もりや相談を受け付けており、お客様のニーズに合わせた最適な施工方法を提案します。神奈川県全域を対象に、外壁や屋根の塗装、雨漏り対策など、幅広いサービスを提供しています。

栄州ホーム

店舗名:栄州ホーム
住所:神奈川県平塚市横内3712−16
電話:0120-610-676お問い合わせはこちら

よくある質問

Q1.プランニング・お見積りは無料ですか?
A1.お見積りやプランを作成しても、ご契約にいたるまで費用は発生いたしません。
 

Q2.工事開始後に、追加料金が発生することはありますか?
A2.基本的に追加料金が発生することはありません。工事開始後に塗料の変更など、お客様のご要望により工事内容を変更する場合には追加料金をいただく場合もあります。その際には事前にお客様にご説明し、ご納得いただいてから作業いたします。ご安心ください。
 

Q3.工事の期間はどれくらいかかりますか?
A3.工事期間は工事の内容によって異なります。工事内容と納期は事前にご説明させていただきます。ただし、雨天や台風、雪などの天候によって日程がずれ込むことがあります。遅れが生じる際も、きちんとご説明させていただきますのでご安心ください。

 

店舗概要

店舗名・・・栄州ホーム【外壁塗装・平塚】

住所・・・〒254-0002 神奈川県平塚市横内3712−16

電話番号・・・0120-610-676