外壁塗装の部分補修ガイド:DIYからプロの依頼まで徹底解説

2023/12/03 ブログ

外壁塗装の部分補修は、家の美観を保つだけでなく、建物を長持ちさせるためにも重要です。時間が経つにつれ、外壁は日光、雨、風などの自然の影響を受けて劣化します。特に、ひび割れや色あせ、サビなどの小さな問題は見過ごされがちですが、これらは建物の寿命を縮める原因となり得ます。適切な時期に部分補修を行うことで、これらの問題を早期に解決し、より大きな修理が必要になる前に対処することができます。

DIYでの補修は、初心者にとっても挑戦しやすいプロジェクトです。必要な材料や工具、基本的な手順を理解すれば、自分で簡単な補修を行うことが可能です。しかし、専門的な知識や技術が必要な場合や、より大規模な補修が必要な場合は、プロの業者に依頼することが賢明です。良い業者を選ぶことは、補修の質と建物の将来に大きな影響を与えます。

この記事では、外壁塗装の部分補修に関する基本から、DIYでの補修方法、プロに依頼する際のポイントまで、幅広く解説します。

外壁塗装なら栄州ホーム

栄州ホームは、外壁塗装・屋根のリフォーム・防水工事で、高品質な塗料を使用し、経験豊富なスタッフが丁寧に施工を行います。地域に根ざしたサービスを提供し、お住まいのメンテナンスやリフォームに関するあらゆる相談に応じています。無料の見積もりや相談を受け付けており、お客様のニーズに合わせた最適な施工方法を提案します。神奈川県全域を対象に、外壁や屋根の塗装、雨漏り対策など、幅広いサービスを提供しています。

栄州ホーム

店舗名:栄州ホーム
住所:神奈川県平塚市横内3712−16
電話:0120-610-676お問い合わせはこちら

イントロダクション

外壁塗装の部分補修の重要性

外壁塗装の部分補修は、家の美観を維持し、構造的な健全性を保つために非常に重要です。外壁は家の「顔」とも言える部分であり、その状態は直接的に家全体の印象に影響します。しかし、美観だけでなく、外壁の健全性は家の耐久性にも大きく関わっています。外壁が適切に保護されていないと、水漏れや結露などの問題が生じ、最終的には建物の構造自体に損害を与える可能性があります。

外壁の劣化は避けられない現象です。日々の気候変動、特に強い日差し、風雨、温度変化は、塗膜の劣化や色あせ、ひび割れなどを引き起こします。これらの小さな損傷が放置されると、時間とともに大きな問題へと発展することがあります。例えば、ひび割れから水が侵入し、内部の木材を腐らせたり、鉄部のサビを引き起こしたりすることがあります。これらは見た目の問題だけでなく、建物の安全性にも影響を及ぼすため、早期の対処が必要です。

部分補修は、全面的な塗り替えに比べてコストが低く、時間も少なくて済むため、効率的なメンテナンス方法と言えます。特に、小さな損傷や劣化が見られる場合、早期に対応することで、より大きな修理や全面的な塗り替えの必要性を遅らせることができます。また、部分補修は、外壁の特定のエリアだけに焦点を当てるため、特定の問題に対してより専門的な処置を施すことが可能です。

DIYでの部分補修は、基本的なノウハウと適切な工具があれば、個人でも行うことができます。しかし、補修作業は外壁の材質や損傷の程度によって異なるため、事前の知識と準備が重要です。例えば、サイディング材の補修には特定の塗料や方法が必要であり、クラックやシーリングの修理には適切な充填剤の選択が求められます。

 

補修の必要性とタイミング

外壁塗装の補修は、家の健全性を維持し、長期的な損傷を防ぐために不可欠です。しかし、多くの家庭では、補修の必要性とそのタイミングを見極めることが難しいと感じられることがあります。適切な補修は、外壁の寿命を延ばし、将来的な高額な修理費用を節約するために重要です。このため、外壁の状態を定期的にチェックし、初期の段階で必要な補修を行うことが肝心です。

外壁の劣化は、日々の気候変動や環境要因によって徐々に進行します。日差し、雨、風、温度変化などが外壁に長期間作用することで、塗膜の劣化、色あせ、ひび割れなどが生じます。これらの小さな損傷は、見た目の問題に留まらず、構造的な問題へと発展する可能性があります。例えば、ひび割れから水が侵入し、内部の構造に損傷を与えることがあります。したがって、これらの初期のサインに注意を払い、早めの対処を行うことが重要です。

補修のタイミングは、外壁の材質や環境、建物の位置などによって異なります。一般的に、外壁の塗装は約5〜10年ごとに見直すことが推奨されますが、厳しい気候条件下にある家や、特定の材料を使用している場合は、より頻繁なチェックが必要です。また、小さなひび割れや剥がれが見られた場合は、それらが大きな問題に発展する前に、速やかに補修を行うことが望ましいです。

DIYでの補修は、小規模な損傷に対しては効果的ですが、大規模な損傷や特殊な材質の場合は専門家に相談することが重要です。専門家は、損傷の原因を正確に診断し、最適な修理方法を提案することができます。また、専門家による補修は、長期的な視点で考えた場合、コスト効率が良く、安全性も高いです。

補修を行う際には、使用する材料や塗料の選択も重要です。耐候性や耐久性に優れた材料を選ぶことで、将来的な補修の頻度を減らし、長期的なコスト削減に繋がります。また、環境に優しい塗料や材料を選ぶことで、持続可能な住環境の維持にも貢献します。

 

外壁の部分補修の基本

外壁の劣化とそのサイン(ひび割れ、色あせ、サビなど)

外壁の劣化は、家の健康状態を示す重要なサインです。劣化の原因は多岐にわたり、日常的な気候の変化から建材の老朽化までさまざまです。外壁の劣化を示す主なサインには、ひび割れ、色あせ、サビなどがあります。これらのサインを理解し、早期に対処することで、建物の寿命を延ばし、将来的な大規模な修理の必要性を減らすことができます。

ひび割れは、外壁の最も一般的な劣化のサインの一つです。これは、建材の収縮や拡張、建物の沈下、または材料の老朽化によって生じることがあります。ひび割れは、水の浸入を許し、内部の構造に損傷を与える可能性があるため、特に注意が必要です。ひび割れの幅や深さによっては、専門家による評価が必要な場合もあります。

外壁の色あせは、日光の紫外線や気候条件に長期間さらされることによって発生します。色あせた外壁は見た目の問題だけでなく、塗膜の劣化を示している可能性があります。塗膜が劣化すると、外壁の保護機能が低下し、さらなる損傷のリスクが高まります。定期的な塗り替えによって、外壁の色あせを防ぐことができます。

サビは、特に金属部分や金属を含む材料で見られる劣化のサインです。サビは、水分や酸素と金属が反応することで生じます。外壁にサビが見られる場合、それは水分が建材内部に浸透している可能性があり、これは構造的な問題を引き起こす恐れがあります。サビの発生を防ぐためには、適切な防水処理や定期的なメンテナンスが重要です。

これらの劣化のサインを見逃さないことは、建物の健全性を維持する上で非常に重要です。劣化の初期段階で対処することにより、より大きな問題への発展を防ぎ、修理コストを抑えることができます。また、外壁の状態を定期的にチェックし、必要に応じて専門家に相談することで、家を長期間にわたって保護することが可能になります。

 

部分補修の基本的な方法と手順

外壁の部分補修は、家の美観を保ち、構造的な問題を防ぐために重要な作業です。補修作業は、損傷の種類や外壁の材質によって異なりますが、基本的な手順には共通点があります。ここでは、一般的な外壁の部分補修の方法と手順について解説します。

まず、補修作業を始める前に、損傷の範囲と原因を正確に把握することが重要です。ひび割れ、色あせ、サビなど、損傷の種類によって適切な補修方法が異なります。また、外壁の材質によって使用する材料や方法も変わってきます。例えば、サイディングや木材、コンクリートなど、それぞれに適した補修材が存在します。

補修作業を行う際には、まず損傷部分を清潔にし、必要に応じて古い塗膜や破損した部分を取り除きます。この作業は、新しい材料が適切に密着するために不可欠です。次に、損傷部分に適した補修材を選び、損傷部分に塗布または充填します。例えば、ひび割れの場合は、適切な充填剤を使用してひびを埋めることが一般的です。

補修材の塗布または充填後、適切に乾燥させることが重要です。乾燥時間は、使用する補修材の種類によって異なります。乾燥後、必要に応じて表面を滑らかにし、最終的に塗装を行います。塗装は、補修部分を保護し、外壁全体との見た目の一貫性を保つために重要です。使用する塗料は、外壁の材質と既存の塗料に適合するものを選ぶ必要があります。

DIYで補修を行う場合は、適切な安全対策を講じることが重要です。作業中は適切な保護具を着用し、高所での作業には特に注意が必要です。また、専門的な技術や知識が必要な場合、または損傷が広範囲に及ぶ場合は、専門の業者に依頼することをお勧めします。

 

DIYでの補修方法と注意点

DIYでの外壁補修は、適切な知識と準備があれば、家のメンテナンスコストを節約し、同時に家の美観を保つことができます。しかし、正しい方法で行わないと、かえって問題を悪化させる可能性もあるため、注意が必要です。

DIY補修の一般的な流れとしては、まず損傷部分の洗浄と準備があります。これは、補修材が適切に密着するために重要です。たとえば、ひび割れの場合は、ひびの中をきれいに掃除し、必要に応じて拡張してから補修材を充填します。色あせや塗膜の剥がれがある場合は、古い塗膜を取り除き、表面を滑らかにしてから新しい塗料を塗ります。

補修材の選択にも注意が必要です。損傷の種類や外壁の材質に応じて、適切な補修材を選ぶことが大切です。市販されている補修材は多種多様で、それぞれ特定の用途に適しています。例えば、ひび割れには弾性のあるシーリング材が適していますが、大きな穴や欠損部分にはモルタルやパテが必要になることがあります。

安全対策も非常に重要です。特に高所での作業は落下の危険があるため、適切な足場の設置や安全ハーネスの使用を検討してください。また、化学物質を扱う際は、適切な保護具(手袋、ゴーグル、マスクなど)を着用し、換気を良くすることが重要です。

補修作業後の仕上げも重要です。補修部分が完全に乾燥した後、必要に応じて研磨し、最終的に塗装を行います。塗装は、補修部分を保護し、外壁全体との見た目の一貫性を保つために重要です。また、使用する塗料は、外壁の材質と既存の塗料に適合するものを選ぶ必要があります。

DIYでの補修は、小規模な損傷に対しては効果的ですが、大規模な損傷や特殊な材質の場合は専門家に相談することをお勧めします。専門家は、損傷の原因を正確に診断し、最適な修理方法を提案することができます。また、専門家による補修は、長期的な視点で考えた場合、コスト効率が良く、安全性も高いです。

 

補修の種類と選択肢

サイディング、塗膜、シーリングなどの補修方法

外壁の補修には、サイディング、塗膜、シーリングなど、様々な部分の修復が含まれます。それぞれの補修方法には特有の手順と注意点があり、これらを理解し適切に対応することが重要です。

サイディングは、外壁の主要な構成要素であり、損傷した場合の補修は家の外観と機能性を維持するために不可欠です。サイディングの補修は、損傷の程度によって異なりますが、一般的には、損傷したサイディングボードを取り外し、新しいボードに交換することが多いです。この際、周囲のサイディングとの一貫性を保つために、同じ種類の材料と色を選ぶことが重要です。また、サイディングの取り付けには専門的な技術が必要なため、DIYに自信がない場合は専門家に依頼することをお勧めします。

塗膜の劣化は、色あせや剥がれといった形で現れます。塗膜の補修は、まず古い塗膜を丁寧に取り除き、表面を清掃してから新しい塗料を塗ることで行います。この際、外壁の材質に適した塗料を選び、均一に塗布することが重要です。また、塗装は気温や湿度が低い日に行うと、塗料の乾燥と密着が良くなります。塗膜の補修は見た目の美しさだけでなく、外壁を環境から保護する役割もあるため、丁寧に作業を行うことが大切です。

シーリング材は、外壁の隙間を埋めるために使用され、防水性や断熱性を向上させます。シーリング材の劣化は、ひび割れや剥がれとして現れることがあります。補修は、古いシーリング材を完全に取り除き、新しいシーリング材を充填することで行います。この際、隙間をきれいに清掃し、乾燥させてから新しいシーリング材を充填することが重要です。また、シーリング材の種類は多岐にわたるため、使用する材料が外壁の材質に適しているかを確認することが必要です。

 

各種材質に適した補修方法

外壁の材質によって適した補修方法は異なります。主要な外壁材質として、塗装された壁、サイディング、レンガ、石、木材などがあります。それぞれの材質に応じた補修方法を理解することは、外壁を長持ちさせ、美観を保つ上で重要です。

塗装された壁の補修は、主に塗膜の劣化に対応します。塗膜が剥がれたり、色あせたりした場合、まずは古い塗膜を取り除き、表面を清掃します。その後、適切なプライマーを塗布し、最終的に新しい塗料で仕上げます。塗料の選択は、元の塗料の種類と外壁の材質に基づいて行う必要があります。

サイディングの補修は、損傷の程度に応じて異なります。小さなひび割れや穴は、専用の補修材で埋めることができます。大きな損傷の場合は、損傷したサイディングボードを取り外し、新しいボードに交換することが一般的です。色やパターンの一致に注意し、周囲のサイディングと調和させることが重要です。

レンガの壁は、モルタルの劣化やレンガ自体の損傷に対応する必要があります。モルタルの補修には、損傷した部分を取り除き、新しいモルタルを充填します。レンガ自体の補修には、損傷したレンガを取り外し、新しいレンガを取り付ける必要があります。色や質感の一致に注意することが重要です。

石材の外壁は、ひび割れや欠けに対応するための特別な補修材を使用します。補修材は、石材の種類と色に合わせて選ぶ必要があります。また、石材の表面を保護するためのシーラントの適用も効果的です。

木材の外壁は、腐食やひび割れが主な問題です。小さなひび割れは、木材用の充填剤で修復できます。腐食や大きな損傷の場合は、損傷した部分を取り除き、新しい木材で補修する必要があります。木材の保護のために、適切な塗料やシーラントの使用も重要です。

 

費用と相場の理解

部分補修の費用と相場

外壁の部分補修に関する費用と相場は、多くの要因によって左右されます。これには補修する範囲の広さ、使用する材料の種類、作業の複雑さ、そして地域による価格の違いなどが含まれます。ここでは、これらの要素を考慮しながら、部分補修の費用について理解を深めていきましょう。

部分補修の費用は、補修する範囲の広さに大きく依存します。小さなひび割れや剥がれを修理する場合、費用は比較的低く抑えられます。しかし、より広範囲の損傷や複数の箇所を補修する必要がある場合、費用は増加します。

補修に使用する材料の種類も費用に影響を与えます。一般的な塗料やシーリング材は比較的安価ですが、特殊な塗料や耐候性に優れた材料を使用する場合、費用は高くなります。

補修作業の複雑さも費用に影響します。単純なひび割れの修理は比較的簡単で、低コストで済むことが多いですが、構造的な問題や大規模な損傷の修理はより高度な技術と時間を要し、結果として費用が増加します。

地域によっても補修作業の費用は異なります。都市部では労働コストが高い傾向にあり、地方では材料の輸送コストが加わることがあります。また、地域によっては特定の気候条件に適した材料や技術が必要となる場合もあり、これが費用に反映されることがあります。

これらの要因を踏まえると、外壁の部分補修に関する一般的な相場を把握することは難しいですが、小規模な補修作業であれば数万円程度から、より広範囲や複雑な作業では数十万円に及ぶこともあります。重要なのは、複数の業者から見積もりを取り、比較検討することです。

 

見積もりの取り方と評価のポイント

外壁塗装の見積もりを取る際には、適切な方法と評価のポイントを理解することが重要です。ここでは、見積もりの取り方とその評価のポイントについて、段階的かつ理論的に解説します。

まず、補修が必要な範囲と具体的な要件を明確にします。これには、補修する部分のサイズ、使用する材料の種類、期待する仕上がりの品質などが含まれます。この情報は、業者に正確な見積もりを出してもらうために不可欠です。

複数の業者に見積もりを依頼することで、価格とサービスの比較が可能になります。インターネットや口コミ、地域の情報を利用して、信頼できる業者を選び、見積もりを依頼します。

提出された見積もりには、作業内容、使用材料、工期、費用の内訳などが詳細に記載されていることを確認します。不明瞭な点や疑問点があれば、業者に質問して明確にします。

見積もりの価格が市場相場と比較して妥当かどうかを評価します。ただし、最安値の業者が常に最良の選択とは限りません。価格とサービスのバランスを考慮することが重要です。

見積もりには、工事の内容、使用材料、工期などが明確に記載されている必要があります。透明性が高く、細部まで説明されている見積もりは信頼性が高いと言えます。

業者の過去の実績や評判も重要な評価ポイントです。実際に施工した事例や顧客のレビューを参考に、業者の信頼性を判断します。

工事後のアフターサービスや保証の有無も重要です。万が一の問題が発生した際に、適切な対応をしてもらえるかどうかは、業者選びの大きな判断基準となります。

外壁塗装の見積もりを取る際には、補修の範囲と要件を明確にし、複数の業者に見積もりを依頼することが重要です。提出された見積もりは、価格の妥当性、明確な内訳と透明性、業者の信頼性と実績、アフターサービスと保証の観点から評価します。

 

プロに依頼するメリットと選び方

自分で行う補修と専門業者に依頼する違い

外壁の補修を自分で行う場合と専門業者に依頼する場合には、いくつかの重要な違いがあります。これらの違いを理解することは、補修作業の計画と実行において非常に重要です。

自分で補修を行う最大の利点は、労働コストを削減できることです。専門業者に依頼する場合と比較して、材料費のみで済むため、全体的な費用が大幅に抑えられます。

DIYでの補修は、新しいスキルを学び、実践的な経験を積む機会を提供します。これは、将来的に同様の問題が発生した際に自分で対処できるようになるという点で価値があります。

自分で作業を行う場合、自分のスケジュールに合わせて作業を進めることができます。これは、業者のスケジュールに依存せず、自分の都合の良い時に作業を行えるという利点があります。

専門業者は、外壁補修に関する豊富な知識と経験を持っています。これにより、より高品質で効果的な補修が可能になり、長期的な耐久性が期待できます。

高所作業や専門的な工具の使用など、補修作業には危険が伴うことがあります。専門業者は適切な安全対策を講じることができ、事故のリスクを最小限に抑えます。

多くの専門業者は、施工後の保証やアフターサービスを提供しています。これにより、万が一の問題が発生した場合でも、迅速かつ適切な対応が期待できます。

自分で補修を行う場合は、コスト削減、学習と経験、スケジュールの柔軟性が主な利点です。一方で、専門業者に依頼する場合は、専門的な技術と経験、安全性の確保、保証とアフターサービスが主な利点となります。どちらの方法を選択するかは、個々の状況、スキル、予算、補修の範囲によって異なります。

 

良い業者の選び方とチェックポイント

外壁塗装や補修を行う際、良い業者を選ぶことは非常に重要です。適切な業者選びは、作業の品質、コスト、そして最終的な満足度に大きく影響します。良い業者を選ぶためのポイントを、以下に詳しく解説します。

業者を選ぶ際には、その実績と評判を確認することが重要です。インターネット上のレビューや口コミ、地域の評判などを参考にしましょう。また、過去の施工例を見せてもらうことも有効です。

塗装や補修作業には専門的な技術が必要です。そのため、業者が適切な資格を持っているか、また作業中の事故に備えて保険に加入しているかを確認することが大切です。

良い業者は、作業内容や使用する材料、費用について明確な見積もりを提供し、納得いくまで説明してくれます。不明瞭な見積もりや曖昧な説明をする業者は避けるべきです。

施工後のフォローアップや保証の有無も重要なポイントです。万が一の問題が発生した際に迅速かつ適切に対応してくれるかどうかを確認しましょう。

業者とのコミュニケーションは、作業の進行において重要です。質問や要望に対して丁寧に応じてくれるかどうかも、業者選びの重要な要素です。

チェックポイントは、過去の施工例や口コミ、評判を確認すること。資格や保険の有無を確認する。見積もりが詳細で理解しやすいかどうか。アフターサービスや保証の内容を確認する。質問に対する対応が丁寧かつ迅速かどうか。

良い業者を選ぶためには、実績と評判の確認、資格と保険の有無、明確な見積もりと説明、アフターサービスの有無、コミュニケーションの取りやすさを重視することが重要です。

 

施工事例と成功のポイント

外壁塗装や補修の施工事例と、それが成功するためのポイントについて詳しく解説します。外壁の塗装や補修は、建物の美観を保つだけでなく、構造的な安全性を維持するためにも重要です。成功した施工事例を振り返りながら、その成功の要因を探っていきましょう。

ある一軒家の外壁塗装を例にとります。この家は築10年が経過し、外壁の色褪せや細かなひび割れが目立ち始めていました。家主は、外壁の見た目を改善するとともに、建物を長持ちさせるために外壁塗装を決意しました。

施工前には、専門の業者が建物の状態を詳細に調査し、適切な塗料の選定と塗装方法を提案しました。特に、日当たりが強い面とそうでない面で使用する塗料の種類を変えるなど、細かな配慮がされました。また、施工中は周囲への配慮も徹底され、騒音や塗料の飛散にも注意が払われました。

施工後、外壁は新築時のような美しさを取り戻し、家主からも高い評価を受けました。さらに、高品質な塗料の使用により、次の塗り替えまでの期間も長くなることが期待されています。

成功の鍵は、事前の丁寧な調査と計画にあります。建物の状態を正確に把握し、それに基づいて最適な塗料と施工方法を選定することが重要です。

耐候性や耐久性に優れた塗料を選ぶことで、長期にわたる保護効果を期待できます。また、建物の立地条件や環境に合わせた塗料選びも大切です。

細かなひび割れや隙間への丁寧な処理、均一な塗装など、細部への注意が外壁塗装の品質を大きく左右します。

施工中の騒音や塗料の飛散など、周囲への影響を最小限に抑える配慮も重要です。

施工後のアフターフォローが充実していることも、長期的な満足度に繋がります。定期的な点検やメンテナンスの提案などが含まれます。

外壁塗装や補修の成功は、事前の詳細な調査と計画、適切な塗料の選定、細部への注意と丁寧な作業、周囲への配慮、そして充実したアフターフォローによって成り立っています。

 

まとめ

建物の部分補修は、その重要性を再確認する価値があります。部分補修は、建物の美観を保つだけでなく、構造的な安全性を維持し、長期的なコストを削減する効果があります。適切な時期と方法を選択することは、建物の健康を維持する上で不可欠です。

部分補修の適切な時期を見極めることは、建物のメンテナンス計画において重要な要素です。小さな損傷や劣化が見られた際に迅速に対応することで、より大きな問題や高額な修理費用を防ぐことができます。例えば、外壁のひび割れや塗装の剥がれは、初期段階で対処することが重要です。これらの問題を放置すると、水漏れや構造的な損傷につながり、修理費用が高額になる可能性があります。

また、部分補修の方法を選択する際には、建物の材質や損傷の程度を考慮する必要があります。異なる材質や損傷の種類には、それぞれ適した補修方法が存在します。例えば、木材の場合は腐食や虫害に対する処理が必要ですが、コンクリートの場合はひび割れや浸水に対する対策が求められます。適切な方法を選択することで、効果的かつ長持ちする補修が可能になります。

専門家との連携も、部分補修において重要な要素です。DIYでの補修が可能な場合もありますが、専門的な知識や技術が必要な場合は、プロフェッショナルに依頼することが賢明です。専門家は、適切な材料の選定や施工方法を提案し、高品質な仕上がりを保証します。また、専門家による定期的な点検やメンテナンスは、建物の状態を維持し、将来的な大規模な修理を防ぐのに役立ちます。

外壁塗装なら栄州ホーム

栄州ホームは、外壁塗装・屋根のリフォーム・防水工事で、高品質な塗料を使用し、経験豊富なスタッフが丁寧に施工を行います。地域に根ざしたサービスを提供し、お住まいのメンテナンスやリフォームに関するあらゆる相談に応じています。無料の見積もりや相談を受け付けており、お客様のニーズに合わせた最適な施工方法を提案します。神奈川県全域を対象に、外壁や屋根の塗装、雨漏り対策など、幅広いサービスを提供しています。

栄州ホーム

店舗名:栄州ホーム
住所:神奈川県平塚市横内3712−16
電話:0120-610-676お問い合わせはこちら

よくある質問

Q1.プランニング・お見積りは無料ですか?
A1.お見積りやプランを作成しても、ご契約にいたるまで費用は発生いたしません。
 

Q2.工事開始後に、追加料金が発生することはありますか?
A2.基本的に追加料金が発生することはありません。工事開始後に塗料の変更など、お客様のご要望により工事内容を変更する場合には追加料金をいただく場合もあります。その際には事前にお客様にご説明し、ご納得いただいてから作業いたします。ご安心ください。
 

Q3.工事の期間はどれくらいかかりますか?
A3.工事期間は工事の内容によって異なります。工事内容と納期は事前にご説明させていただきます。ただし、雨天や台風、雪などの天候によって日程がずれ込むことがあります。遅れが生じる際も、きちんとご説明させていただきますのでご安心ください。

 

店舗概要

店舗名・・・栄州ホーム【外壁塗装・平塚】

住所・・・〒254-0002 神奈川県平塚市横内3712−16

電話番号・・・0120-610-676