モルタル壁の塗装工事(下塗り編) 平塚の外壁塗装なら栄州ホームへ

2022/10/15 ブログ
外壁塗装の下塗り

こんにちは!平塚の外壁塗装工事業者の栄州ホームの石本です!今回も引き続きモルタルの外壁塗装工事の下塗り編の続きをお話しさせていただければと思いますので宜しくお願いいたします!

雨が結構続いていましたがようやく雨の心配のない仕事日和です!上から順番にSK化硏株式会社様の水性ソフトサーフSGを塗装していきました。

外壁塗装工事の下塗り

結構刷毛を使うところが多くて、普通の刷毛だと腰が弱くてなかなか凸凹に入っていかないので、豚の毛を使った硬い刷毛で水性ソフトサーフSGをダメ混みながら、ローラーで大きな所を塗装していきました。

外壁塗装工事の下塗り

ベランダの中も丁寧に水性ソフトサーフSGで下塗りしていきます。こちらのお宅は防火作りといいまして、軒天と破風板も同じくモルタルで出来ていますので、結構時間がかかりますが、集中力切らさずに、丁寧に塗装していきました。

外壁塗装工事の下塗り

真ん中に帯板のようなラインが入ってますのでそこまで塗り下げて繋ぎ目が出来ないように塗装していきました。もし途中で止めてしまったら塗り重ね部分が厚みがでて、上塗り剤を塗装した時に塗り重ねの部分がとても目立ちますので、気をつけながら塗装していきました。また次回続きをお話しさせていただければと思いますので宜しくお願いいたします!