モルタル壁の外壁塗装(養生編)平塚の外壁塗装屋根塗装なら栄州ホームへ

2022/10/10 ブログ
外壁塗装工事の養生

こんにちは!平塚の外壁塗装工事業者の栄州ホームの石本です。前回に引き続き今回も養生についてお話しさせていただければと思いますので宜しくお願いいたします!ご覧になってる皆様の中に外壁塗装工事をしたいと考えていらっしゃる方は、塗装工事業者からの見積もりや工事の説明の際に養生という言葉を聞かれた方もいられるかと思います。養生とは、外壁塗装工事を施行する際に、塗装するところ以外に塗料が付かないようにビニール等でカバーすることなのです!養生をきちんとすることで、塗料が隣のお宅の車にとんで付着してしまったという、御近所さんのトラブルも未然に防ぐことができるのです!

外壁塗装工事の養生

塗料は液体なので、ローラーなどで塗装する際に周りに飛散してしまいます。飛散防止ネットなどで建物全体を囲って、窓枠や雨樋などの塗料の飛散や付着などが予想されるところは、ビニールやブルーシートや布シートなどを使って全て囲っていきます!養生は塗装工事が終わる頃には全て撤去するので残ることはありませんが、養生作業の出来が塗装工事の出来を左右すると言っても良いでしょう!養生を丁寧にしないで、養生テープなどの張り方が適当だと、養生をはがした際にテープと塗装した部分の境い目がズレてしまい、見栄えの悪い仕上がりになってしまうことが多いので、塗装するところと養生部分の境い目は丁寧に養生することで、真っ直ぐにラインができて、綺麗な見栄えのいい仕上がりになります。

外壁塗装工事の養生

換気口なども養生した際は換気できるように切込みをいれて、換気ができるようにします!1番上の写真のように、玄関の床などはノンスリップマスカーという、滑りにくいビニールなどを使うことで安全に作業をすることができます。また次回続きをお話しさせていただければと思いますので宜しくお願いいたします!