外壁のひび割れ(クラック)雨漏り編 平塚の外壁塗装なら栄州ホームへ

2022/09/18 ブログ
外壁のひび割れ

外壁のひび割れについてお話しさせていただければと思います。平塚の外壁塗装工事業者の栄州ホームの石本です。

外壁のクラックが多少あってもなかなか気にしないで放ったらかしにしている人は少なくありません。外壁にクラックが入って放ったらかしにしておくと、状態が悪化して壁のやりかえや、サイディングボードの張り替えなど高額な工事費用となってしまう可能性がありますので、出来れば早めに補修や対策など講じた方がいいと思います。

コーキングのひび割れ

これから台風シーズンが来てあらゆる角度から雨が外壁に当たってきます!この時期雨漏りを経験する方はかなり多いと思います。そうなる前に早めに対策などやっていきましょう。

外壁のクラック

まずひび割れには2つあります。外壁にクラックが入っても1つ目の外壁の奥まで達しない軽度なひび割れです。これはすぐには雨漏りになりませんが放ったらかしにすればするほど、どんどん奥まで達していきます2つ目は、外壁の奥まで達しているクラックです。これはクラックにより雨水が下地の防水シートまで到達して防水シートの重なりの部分など弱いところに雨が浸水することで雨漏りが発生してしまいます。

外壁のひび割れ

これから台風シーズンをむかえるので、防水テープなどで応急処置を施したら外壁塗装工事業者など専門のところに見てもらうことをお勧めいたします。